(2015.3.10~11 )

 

実は…私は…この頃…あるボランティアチームを有志でママ友と立ち上げた…

 

どんなボランティアかは言えないけど……

 

公には出来ないけど…彼にいろいろ相談してた…もちろんアドバイス受けてる事もママ達には内緒……

 

で…ある事で…彼の意見と、ママ達の意見が合わず…私が間に挟まれる形に…(勿論ママ達はそんな事微塵も知りません…)

 

私と彼との間に意見の食い違いで大喧嘩…彼も私も頑固だから譲らない…

 

それが前日の10日朝の話…夜…彼が酔った勢いで…

 

彼の意見に賛同しない?できない?私に…

 

別れ話…

 

たかが…ボランティアの事…そんな喧嘩で別れ話??

 

「Mが他のメンバーと意見が合わない立場になっても…俺は何とも思わない…
結局そう言う事なんだなって思った…
俺はもぅMの事愛してない…嫌いじゃないけど…好きじゃない…別れよ…」

 

普段…愛してるとか好きだよなんて言葉一切言ってくれないくせに…
平気でそんな事言われるとめちゃくちゃ悲しくなる…

 

心のどこかで信じてる何かが崩れてしまう…

 

でも…1月4日の喧嘩からずっと…何となく…ギクシャクしてる感じがする…
ふたりの間に溝があるような…壁があるような…

 

私は一ミリも彼への想いは変わってない…

 

どんなに喧嘩しても議論しても…腹立つし、嫌いな所もある…でもそれはそれ。

 

いろいろ彼と話してたけど…とりあえず予定通り会って話し合う事になった…

 

次の日11日…朝9時に待ち合わせ…

 

元々行く予定になってた梅の花を見に行く場所に向かう…重ーい雰囲気…

 

「はい…着いたよ…いってらっしゃい…梅の花見たかったんでしょ。
俺は行かないから…いっといで。」

 

「そんな事言わないでょ。一緒に見るつもりで来たんだから…」

 

嫌な顔した彼を車から連れ出し…雰囲気を変えるつもりで…梅林の会場を散歩…

 

すっごい素っ気ないし…先に歩いてく…

 

「…手…繋いで…」「イヤだ」

 

腕を組んでみる…振りほどかれちゃった…

 

しばらくして…また腕を組んでみる…

 

仕方なく組んでくれた感じ💧

 

梅の木の前で写真を撮りたいと…言ってると…見知らぬおじさんが、撮ってあげるよ…と声をかけてくれた…

 

「はい…ふたりとも…お互いの顔見て~いい感じの写真撮れたよ…」

 

20160720233046761-thumbnail2

 

ちょっとふたりの間の緊張感が和らいだ…

 

続く…

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
↓↓ぜひクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ