木曜日18日の夜に、彼と長電話🎵この土日は彼は出張、私も土日両方スケジュールがいっぱいで会えない。

彼が土曜日明け方に出発のため、金曜日の夜は早く寝るから……電話するとしたら木曜日。

話題は、8月最初の金土日に開催される彼の会社関係のイベントについて……。

毎年私も彼に頼まれて、マンパワーが必要でボランティアスタッフ(表向き名目上)としてお手伝いしている。今年で5年目になるかな。

木曜日にそのイベントの準備や打ち合わせを彼と電話で話していた。

まぁそれはいつもの事で、何となくだいたいは把握出来ていた。

……で、一番の問題(ー_ー;)

毎年というか、ここ2年(去年と一昨年)は、彼の家族(嫁、娘、嫁の両親)が、彼の会社のイベントブースに顔を出すようになり……。

一昨年は来ないと思っていたら、突撃され💧

去年は前年度の予想を立て来る時間を嫁に指定して、私は顔を合わせたくない(憎っくき嫁の顔なんぞ見たくない❗)ので、それに合わせて休憩を取って鉢合わせしないよう他のスタッフとのシフトを組んで対策していたら見事に裏切られ、違う時間に突撃され💧

まぁ娘の顔は以前から知ってるのでいいけど……たまたま、ついたてに隠れて何とかそれでも天敵嫁の顔は見なくて済んだ。

議題は、今年の嫁襲撃に対する対策について……。

とにかく、天敵嫁たちがイベントに来る時間の予想の探りを入れて、来る時間を指定してもらうしか対策法はない……。そしてその予想される時間帯は私は昼休憩に入る。

もし、万が一、急遽予想時間とは違う時にまた襲撃されたら、私はどんなに忙しくても嫁の顔を見ないように急遽トイレに行くから。と彼に宣言した(笑)

「え~。でも忙しい時に離れられるの困るんだけど、これは仕事でしょ?」

「はぁ?だったら、嫁に指定された時間帯に来るよう誘導すればいいじゃん。そんなんも嫁を懐柔出来ないの?」

「とにかく!見たくないもんは見たくないの!感情的になったら私、何を口走るかわからんよ?」

「なんで、嫁の顔を見たくないの?別にほっときゃいいじゃん。何もMは堂々としてればいいじゃん。なんで逃げるの?」

「逃げるんじゃない。大っっっ嫌いだから絶対に嫁の顔を見たくないの」

「嫁なんて、そこら辺にいるゴキブリとか蚊とかハエに遭遇した。くらいに思って、ほっておけばいいのに(笑)」

「あ、もしゴキブリいたら雑誌丸めて叩いて退治するし、蚊も手で叩き潰すし、ハエだって追い回してハエ叩きで潰すよ?私の天敵だからね。いいの?」←嫁への対策(笑)

「…………(笑)σ( ̄∇ ̄;)ほんと……Mは困ったもんだなぁ」

「とにかく嫌なもんはイヤ!」

ある意味、5年前、彼がイベントブースを立ち上げるにあたって、私は彼から相談され、意見を言ったりして裏方で私も一緒に企画し、表向きには知人としてスタッフで働き、言わば、これは彼と2人で作り上げてきた……

私たちの聖域の場所のようなもの。

毎年、朝から晩までぶっ通しで3日間働き、彼ともずっと一緒に公然として居られる期間。

私にとってはそれだけ思い入れがあって。そんな聖域に、天敵の嫁が土足で踏み込んでくるような感覚?

ある意味逆に私が彼の自宅に踏み込むのと同じレベル(あり得ないけど)

しかも、彼のスタッフに嫁として全く挨拶もせず何の配慮もなく、自分たちがしたいこと欲しい物だけやって帰っていく……(あたしはここの責任者の嫁ですけど何か?当然でしょ?みたいな……)

まぁ私的には挨拶されても、余計にムカつくだけですけどね……(笑)

それでも、まだ彼の部下や後輩に、「主人がお世話になってます。お疲れさまです」ってくらいの声かけあれば嫁を見直すんだけどなぁ。夏の暑い時期なんだからさ。

「そんなんするわけないじゃん💧」

彼からしたら、私がスタッフとしている時間に抜けられると困るのは知ってる(そりゃ、彼と裏方共同企画者であり一番把握している人だから)

なら、自分たちの事しか考えない嫁を誘導するくらいして欲しい

「ほんと来なきゃいいのに💢最近まで、来なかったくせに💢💢⚡⚡来なきゃ全て丸く収まる」

「でも、来るなとは言えない……」

「Mも、ワガママばかり言い過ぎだよ。勿論、嫌なのは充分知ってるから、最大限の努力配慮はする。でも、アイツはいつも予想を裏切って言ってあっても違う時間に来た。今年も誘導はするけど予想が付かない。もしそうなったら、我慢してもらうしかないよ……」

「それでも、絶対に嫌なもんはイヤなの!雑誌丸めて叩きのめしたり、手で叩き潰すしたり、ハエ叩きで追い回してしまうよ。(彼が嫁をゴキブリか蚊かハエに遭遇したと比喩した)私、犯罪者になりたくない」

「Mはそんな事出来ないの知ってるし」

「あ、それか、いかにも親しげに、N~♥️って甘えた声出してNにベタベタタッチしてやろ?どうせ顔見ないといけないならやってやる(笑)」

……とまぁ、こうやって強気な発言してますが……

ほんっと~に嫁の顔なんて見たくないのは事実なんだけど……

実際には嫁の顔を見たら泣いちゃうと思うんです……。

そして……

ただでさえ、今も、嫉妬、妬み嫉みが強いのに。

今後、彼とずっと付き合っていく中で、これからずっとエンドレスに嫉妬に狂ってしまう気がして、自分自身が正直怖いんです……耐えられないような気がする……

「なんだかんだ言ってそんな事言いながらMは泣くもんな……」

彼も私が嫁に遭遇したら、どんな風になるか解ってる。

そんな話をしながら、5時間近く彼と、時には強い口調でお互い喧嘩ごしに話をし、私があまりにも嫌がる事に呆れ……冷静に対策を立て……私を何とか笑わせるために冗談を言って……。

電話を切ったのが明け方5時近く……(正確にはスマホの電源落ち💧)

今年はどうなることやら……。
それでも、絶対に嫁には遭遇したくない❗❗

私のWを知ってる友人は、

「私だったら逆に嫁に興味がある。私なら嫁の顔を見たいと思うけどね~。」

そんな考えもあるんだなぁって思ったけど。

 

「だってさ、話を聞くと彼はMちゃんが一番なんだよ?これだけ長く付き合ってさ、子どもいるからそんな簡単にはいかないだろうけど。これだけいつもいつもデートして、電話もして、旅行にもたくさん出かけて。嫁は、子どもたちの母だから仕方ないんだよ。でも女性としてはMちゃんのが上で愛されてるんだよ。もっと自信を持たなきゃ~」

う~ん。嫁よりいろんな意味で家事能力もいろんなスキルも女性として女子力も上だとは思うけど……

自信ない(笑)(ー_ー;)σ( ̄∇ ̄;)

 

 

 

  最後まで読んでいただきありがとうございます^^
↓↓ぜひクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ  


恋バナつぶやきルーム %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-19-58-10