N♂です。

 

今日は午後から日本のとあるお偉いさんがたと交流する機会があり、仕事の話し以外にもいろんな情報交換やら、雑談をしたんですが、その中で一番印象に残ったのが、

 

お偉いさん「ところで、◯◯◯連合会とか◯◯◯組合とか、世間にはようけあるけど、何でそんな組織を作ったり加盟したりするか知ってるか?」

 

ふざけた会話から一変してマジメな問いに一瞬驚いたが、頭を切り替えて

 

N「そりゃ、情報共有とか仲間づくりとか、ビジネス交流とか、自分の為になるからじゃないですかねぇ」

 

お偉いさん「確かにそれも間違ってはいないが、目的ではない。よく組合の旅行だとか研修だとか総会だとか、集まりがあるけど、それが何のためなのかってのが分かってて加盟している人は少ないんじゃないかなぁ。」

 

N「う〜ん。解かんないです…」

 

お偉いさん「答えはね。政治的発言力を持つためだよ。強い言葉で言えば『威力団体』かな。大きな会社の労働組合がいい例だよね。従業員一人が賃金あげろ〜って言っても相手にしてくれるのはせいぜい上司くらいで、会社は見向きもしないが、徒党をくんだ労働組合ともなれば社長が動くほどにまでなる。」

 

N「なるほど〜」

 

お偉いさん「数の力が発言力を増すという構造を理解すれば、やれないことだってできる事もある。あなたが参加している団体への関わり方も、そこに加盟しているみんなの考え方次第で大きく変わることだってあるんだよ。」

 

 

組合や連合会のことなんて全く考えた事もなかったけど、よくよく考えてみたらそこに加盟しているメンバーや会社、その家族の暮らしが豊かになるために決まってるよな〜

年に一度の研修旅行が楽しみで加盟してる話しとかしか聞いた事なかったけど、本当の目的は国や各自治体、親会社などにモノ申すための組織なんだよね〜。

 

ってことはだな…

 

『全国不倫連合会』なる組織を作り、そこに俺らの様な人が全国からわんさか集まって何万人、何十万人の団体になったとしたら、それは威力団体となるんでは?(笑)

 

ん?

その「威力」をどこにぶつけるかって?

 

 

ノーアイデアです(笑)

さぁ〜みんなで考えよ〜〜 (フルイネ^^;)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
↓↓ぜひクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ