N♂です。

 

今日、仕事先で中学の頃の先生に会い、昔ばなしで盛り上がりました。

その先生は今は55歳くらいで、現在小学校の公務主任をされています。

今でこそ昔の様な威勢はなくなっていたけど、それでも当時の話し方は変わってなくて、話してると懐かしい記憶が蘇ってきました。

 

中学の頃は怖い部類の先生で、授業中もよそ事してると後ろからヘッドバッドしてきたり、部活中に腹筋トレーニングしてるところをわざと腹を踏みながら通過したりと、今では考えられない暴力教師でした^^;

まぁ、当然本気ではないですし、彼なりの生徒への愛情表現だったのでしょうが、要注意先生の一人だった事は間違いないです(笑)

 

そんな先生と約25年ぶりの会話の中で、印象に残ったのが

『今の子はエネルギーが無い』

って言葉。

まぁ、引きこもったりする子が多いってのが典型的な例ですが、このエネルギーが無いってのはもう少し別な意味なんです。

当時の中学校はかなり荒れていて、非常ベルが鳴らなかった日は無く、バイクに乗った生徒が20人くらい授業中にグランドに乗り込んできたり、落書きやガラス割りなんて日常茶飯事。学校は先生にとってはまさに毎日が戦場。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-20-16-35

俺が

「最近って昔みたいなワルっているんです?」

って聞いたら先生は

「いない。そういうやつらは学校に来ない。大半は引きこもってゲームしてるな」

って返答。俺の中では引きこもる子って、どちらかというとひ弱でいじめられっ子ってイメージだったんですが、そういうケースもあるんだなぁとビックリ。

続けて先生は

「今の子はエネルギーが無い。昔みたいに社会や大人に対して反抗するエネルギーがな」

と。

平和だからなのか、将来に希望が持てないからなのか。

俺は

「でも、荒れてる学校よりも今の平和な学校の方がましですよね?」

と聞くと先生は

「そりゃそうだが、でもお前らの時代のエネルギーがある子の方が教師やってるって感じはしたな」

と。

 

あの頃、不良どもをたしなめていた先生の姿を想い出し、なるほどなぁ〜と感じた。

 

そいや今では子よりも親の方がたちが悪い(笑)

 

先生としては、たちの悪い保護者よりもグレてる子供と向き合ってた方がよっぽどましだって事なんだろうなぁ。

俺も今では保護者側。

いろいろ考えさせられた一日でした。

 

  最後まで読んでいただきありがとうございます^^
↓↓ぜひクリックお願いします↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ  


恋バナつぶやきルーム %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-19-58-10